劣化箇所に合わせて改修・修繕するから安心・長持ち

コンクリートと鉄骨などの金属部は、マンション・ビルが持つ高い耐久性の象徴。しかし、これらは建物劣化の象徴でもあります。コンクリートや金属部が劣化すると建物自体も劣化し、資産価値も下がってしまいます。

そんな場合に建物のを回復させる工事が建物外壁修繕工事です。それは中規模の場合もありますし、大規模の場合もあります。楽建は「目的修繕」を基本姿勢としており、調査結果を基にし、長期的な保全を視野に入れて、今やるべき工事の内容をお客様とお打ち合わせしながら計画していきます。

コンクリートと鉄骨は劣化しやすい!

コンクリートの劣化

コンクリートは、セメントと水が化学反応を起こして、混ぜた砂や砂利との隙間を埋めながら固まる性質があります。その状態で水分が極度に失われるとひび割れが起きるため、マンション・ビルの外壁は防水と乾燥防止のために塗装やタイルで覆われているのです。しかし、塗装やタイルが経年劣化してしまうと、いずれひび割れが起きてしまいます。

経年によってひび割れが大きくなると、そこから内部に水分が浸み込み、建物自体を劣化させてしまうこともあります。

金属部の劣化

金属が劣化すると、サビが出てきます。避難階段やバルコニーの手すりなど、建物外部はわかりやすいのですが、深刻なのは内部鉄骨のサビ。コンクリートのひび割れから浸水して腐食した場合、目視では発見できません。

定期的に調査をしていないと、気づいたときにはすぐに改修・修繕が必要なほど劣化が進んでいることもあり、その場合は費用の負担も大きくなります。建物強度への影響も考えられ、建物寿命と資産価値に影響が出てしまうでしょう。

劣化状態に合わせて施工します

調査の結果、建物内部に劣化が見つかれば大規模修繕が必要です。大規模修繕は、早めに行うことで内部へのダメージ防止に役立つ場合もあります。資産価値を守るためには、とにかく早くマンション・ビルの現在の状況に気づくことが大切です。

弊社では、大規模修繕が必要な場合でも基本に忠実に、劣化箇所に適した工法、材料で改修・修繕を行います。そのため、一般的な大規模修繕よりも費用も抑えられ、建物寿命と資産価値の保持にも貢献できます。

ページの先頭へ戻る